イズミル地震オペレーション

イズミール・セフェリヒサール 捜索救助と人道支援オペレーション

10月30日金曜日14時50分にエーゲ海セフェリヒサール(イズミール)沖で発生したマグニチュード6.6の地震の直後、GEAイズミールチームはこの地域で捜索救助活動を開始し、イスタンブールチームは非常に迅速に出発し、この地域のチームの作業に加わりました。同じ夜、アンカラ、アンタリア、ブルサ、エスキシェヒルのチームも作戦に合流しました。

イズミールに到着したわがチームは、被災地で調査作業を開始しました。集中的にDoğanlarアパート 275 /18Yağcıoğluマンションの捜索救助活動が行われました。

災害の最初の数時間から、この地域でAFADの指揮の下で行われる捜索救助の一部であるGEAチームの活動は、Doğanlarアパート 275 /18Yağcıoğluマンションで土曜日の夜を徹して行われました。

10月31日土曜日の朝、破壊された建物の1つであるDoğanlarアパートで立ち往生していた母親Seher・Perinçekと彼女の双子の娘との連絡が取れました。

連絡が取れた母親のSeher・Perinçekと彼女の双子の娘を救出するために、長時間一生懸命努力をした結果、Seher・Perinçekと彼の娘のEzel・PerinçekとElzem・Perinçekは、地震の23時間目にがれきの下から生きたまま救出されました。

11月1日(日)、Doğanlarアパート と275 /18 Yağcıoğluマンションで捜索救助活動が続けられている間、GEA人道支援チームはテントを設営し、必要な地域に人道支援物品を配布し始めました。

Bornova、Bayrakliのテント場所での人道支援資料とニーズの評価をしたチームは、1500家族の緊急のニーズに応えました。

テント、寝袋、パンデミックキット、毛布、スカーフ、食品パッケージ、毛布、衛生セット、子供のための粘土セットが配布されました。